メニューをスキップして記事へ


ここから記事

韓国・分かち合いの家の方々と交流

  • 2010年11月18日(木) 12:30 JST


2010年11月15日(月)14:00~、韓国・分かち合いの家(ナヌムの家)の方々が自由と生存の家を訪問され、交流しました。

「分かち合いの家」は1980年代に韓国の聖公会(大韓・聖公会)の神父が設立した団体で、88年のソウルオリンピックによる都市部の再開発による立退き対象地域などで活動してきました。

大韓聖公会・分かち合いの家について (香山洋人さんのホームページ

現在は、貧困者の支援に加えて、青少年や高齢者・成人の支援などさまざまな分野で活動し、全国9か所に広がっているそうです。

今回訪問されたのは、活動歴5年程度の中堅スタッフのみなさんで、韓国でも翻訳されている素人の乱の松本哉さんの本を読んで、楽しく活動している様子に共感して、日本に来ることにしたそうです。

お互いの活動を説明したのち、家を見学してもら行って、質疑などを行いました。

その後、皆で近所のスーパーに買い出しに行き、鍋を作って一緒に食べました。済州島出身の方が地元の民謡を歌ってくれたのですが、日本側からは返歌ができなくて残念。韓国での再会を約して別れましたました。

その他の写真はこちら ↓ ↓



(菊地)

表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。


ここからフッタ