メニューをスキップして記事へ


ここから記事

お部屋の状況について

お部屋の状況については、入居・空室情報←をクリックして下さい。
メインページに【入居・空室情報】が表示されます。
その中の「全文表示」をクリックして下さい。

A棟1階102号室が入居出来ます。入居をお考えの方は、ご連絡下さい。


※A棟2階201号室は、現在、事務所スペースとなっております。


自由と生存の家の最新情報はfacebookもご参照ください。

 


自由と生存の家へファックスを送って下さった方へ。

ご相談のファックスをお読みしました。
お電話が無いとの事でしたが、フリーメールで結構ですのでご連絡下さい。
又は、留守番電話でご案内している携帯番号にご連絡頂いても結構です。
なんとか対応を考えましょう。
宜しくお願いします。

メール info@freeter-jutaku.org

一般社団法人自由と生存の家 理事会

【2010年版】サポーターズクラブの呼びかけ

  • 2010年2月20日(土) 23:55 JST

自由と生存の家 サポーターズクラブの呼びかけ

◆自由と生存の家設立趣意書

現在、国内労働者の約20%が年収200万円以下という生活保護基準ギリギリの生活を強いられています。更に、不安定な生活を強いられている仲間は派遣切りや雇い止め、解雇とぼろ屑のように使い捨てられ、住処までも奪われています。

労働者はやられてばかりなのか?こんな仕打ちを受けても、生きるためには忍従しなければならいいのか?そんな馬鹿な話はないというのが私たちの考えです。解決のためには、労働組合に加入する、労働組合を結成する、政治的な運動に加わる/起こす、専門家・専門団体に相談するなど、さまざまなアクションが必要です。

私たちは、自らの生活の土台である住宅を自分たちで確保し、運営し、人々が支え合い、出会い、相談し合える場をつくる取組みを提案します。過去20年以上にわたり行われてきた新自由主義政策により、私たちが奪われ、ズタズタにされてきた人と人の繋がりや地域を、そして自治を再生する「自由と生存の家」を設立します。

2010年2月20日

自由と生存の家実行委員会

呼びかけ人:
雨宮 処凛    (作家・反貧困ネット副代表)
稲葉  剛    (NPO法人自立生活サポートセンターもやい理事長)
宇都宮健児    (弁護士・反貧困ネットワーク代表)
斉藤 貴男    (ジャーナリスト)
清水 直子    (フリーライター・フリーター全般労働組合共同代表)
高橋  均    (労働者福祉中央協議会事務局長)
原田 隆二    (有限会社一水社不動産部)
布施絵里子    (フリーター全般労働組合執行委員)
ホルヘ・アンソレーナ  (イエスズ会司祭・建築家)


活動内容:
1 自由と生存の家の設立に賛同する会員を募る
2 会費およびカンパによって自由と生存の家の改修・円滑な維持運営を実現する

運 営:
1 「自由と生存の家実行委員会」が運営事務を担う
2 活動の現状は毎月呼びかけ人と会員に事務局が報告する
会 費:一口10,000円(可能な方は複数口の加入をお願いします)
その他:少額の寄付、カンパも受け付けています。

入会申し込みフォーム(コピーの上、メールでお申し込み下さい)

*****************************************************************
上記呼びかけ・趣旨に賛同しサポーターズクラブに入会します。
氏名:
所属:(あれば)
住所:〒
メールアドレス:
※会費振込み先は寄付の振込先と同じです。通信欄に情報をご記入ください。
*****************************************************************
返送先:(FAX)03-6273-2517 (メール)info@freeter-jutaku.org

●お問い合わせ:自由と生存の家実行委員会
〒160-0005 東京都新宿区愛住町3 B-102
電話/FAX:03-6273-2517 mail;info@freeter-jutaku.org
web;http://freeter-jutaku.org/

自由と生存の家 サポーターズクラブの呼びかけ

  • 2009年9月12日(土) 13:10 JST

2009年3月に行った自由と生存の家サポーターズクラブの呼びかけです。



今年度末には派遣切りや大量解雇で住居を失う人々が予想されています。
しかし、貧困な居住政策の影響もあって、とくに都内では貧困者が安心して自律的な生活を 営む空間を確保することが困難です。
そこで私たち「自由と生存の家実行委員会」は、現在、四谷にある古いアパートの 改装作業を急ピッチで進めています。

作業はフリーター全般労働組合の組合員が中心となってまったくのボランティアで 進めてきました。しかし、人が安心して住めるようにするには配管や床張り、窓枠の修理などが必要となり、これら専門的な技能を要する部分については、どうしても業者に外注せざるを得ません。建築士の見積もりではおよそ500万円の資金が必要とのことです。

それだけの資金を私たち実行委員会だけでまかなうことができません。そこで居住問題に関心のあるみなさまに助力を仰ぐべく、このたび自由と生存の家(仮称)サポーターズクラブを設立することにしました。つきましては、サポーターズクラブに加入をここに呼びかけます。

呼びかけ人:雨宮処凛(作家・反貧困ネット副代表)

      稲葉 剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)
      小野俊彦(フリーターユニオン福岡)
      清水直子(フリーター全般労働組合・執行委員)
      原田隆二(有限会社一水社不動産部)
      湯浅 誠(反貧困ネット事務局長)

名称:自由と生存の家サポーターズクラブ

活動内容:
1 自由と生存の家の設立に賛同する会員を募る
2 会費およびカンパによって自由と生存の家の改修・円滑な維持運営を実現する

運営:
1 「自由と生存の家実行委員会」が運営事務を担う
2 活動の現状はは毎月末に呼びかけ人と会員に事務局が報告する

会費:一口10,000円(可能な方は複数口の加入をお願いします)
その他:寄付、カンパも随時受け付けています。

◆自由と生存の家設立趣意書

現在、国内労働者の約20%が年収200万円以下という生活保護基準ギリギリの生活を強いられています。更に、不安定な生活を強いられている仲間は派遣切りや雇い止め、解雇とぼろ屑のように使い捨てられ、住処までも奪われています。

労働者はやられてばかりなのか?こんな仕打ちを受けても、生きるためには忍従しなければならいいのか?そんな馬鹿な話はないというのが私たちの考えです。解決のためには、労働組合に加入する、労働組合を結成する、政治的な運動に加わる/起こす、専門家・専門団体に相談するなど、さまざまなアクションが必要です。

私たちは、自らの生活の土台である住宅を自分たちで確保し、運営し、人々が支え合い、出会い、相談し合える場をつくる取組みを提案します。過去20年以上にわたり行われてきた新自由主義政策により、私たちが奪われ、ズタズタにされてきた人と人の繋がりや地域を自治を再生する「自由と生存の家」を設立します。

2009年3月1日
自由と生存の家実行委員会

全文表示


ここからフッタ